アーカイブ

ニキビのできやすい体質には米肌が必要?保湿は大切?

元々ニキビが出来やすい体質で常に肌が荒れ気味の状態でした。

 

 
20代を過ぎると思春期ニキビではなく今度は生理前に酷くなる大人ニキビに悩まされるようになり、洗顔や化粧水、ファンデーションに至るまでニキビ対策用のものを使っていました。

 


何となく効果があるかなと感じることもありましたが、劇的に変化はなく相変わらず生理前は肌トラブルを抱えていました。

 
それからさらに歳を重ね、今は30代になり出産も経験しました。

 
やはりニキビが出来やすい体質は変わらずですが、他にも加齢によるシワやシミも出来始め肌への悩みは増えました。

 
オイリー肌だったため化粧品はニキビ対策用であることはもちろん、さっぱりタイプを積極的に使っていたのですが、出産後から部分的に乾燥するところもありオイリー肌寄りの混合肌になってしまいました。

 
そのため化粧品選びはとても大変で、ニキビもケアしたいしエイジングケアも必要、乾燥にも対応しなければなりません。

 
化粧品だけでは無理だなと思いネットで色々と調べると、外側からだけでなく内側からもケアすることが大切だということが分かりました。

 
最近ではシミやシワ、ニキビなどの肌トラブルのための美容サプリメントが数多くあるようで、これを取り入れることで改善出来るかもしれないと試してみたいと思ったサプリメントを選び飲んでみることにしました。

 
化粧品は保湿を重視したものにしてバランス良く肌ケアに取り組みました。


他にも野菜を多く食べてビタミンCを摂取したり、不規則な生活が肌に良くないということでなるべく生活習慣を整えるように努力しました。

 
そうやって外側と内側の両方から肌にとって良い習慣をつけるようにしたところ、少しずつ効果を実感することが出来ました。

 
肌に潤いが出て来て、毛穴が小さくなったからかハリが出てたるんでいた部分が引き締まって来ました。

 
また生理前のニキビも出来る数が少なくなって来て治りも早くなりました。

 
時間は掛かりますが、じっくりと取り組むことで肌トラブルは解消出来るということを身をもって知れて良かったです。

30代に入ってから使用をはじめたセラミド入りの米肌の効果は?

10代や20代の頃は脂性肌による、皮膚のべたつきに悩まされていました。

 

 
乾燥肌に悩まされていた友人の話を聞いても、べたべたする肌をしているよりは、かさついている方がさっぱりした感じで、そっちの方が良いのではないかと思っていたぐらいです。

 

 
乾燥肌は他人事のように感じていた私ですが、30代になったら急にお肌がかさつくようになりました。

 


寒い冬の季節は特にかさかさして、痛みのようなものまで感じましたが、おでこや鼻などのTゾーン付近はべたつくので、余計に不快でたまりませんでした。

 

 
インターネットで調べたところ、Tゾーンがべたつき、Uゾーン付近や目元が乾燥する人は混合肌で、うるおいが足りないのはセラミド不足が原因だとわかったので、保湿化粧水を使って補充することにしました。

 

 
これまで使っていた化粧水にはセラミドが入っていなかったので、米肌を使ってみることにしました。

 


その化粧水は20代の頃に愛用していたものよりも、保湿成分の量が多いせいか、とろみのある感触で、軽く塗っただけで、皮膚の奥まで浸透していきました。

 

 
それほど多くの量は使っていないはずなのに、塗った瞬間にうるおいが染みわたり、もちもちとするような肌になれました。

 

 
Tゾーンのべたべたは皮脂が過剰に分泌されているせいなので、化粧水を塗っただけでしたが、Uゾーンや目元はかさつきやすいので、上から乳液を塗って、ふたをすることにしました。

 

 
空気が乾燥しているときは、さらにセラミド配合の美容クリームを塗って保湿すると、外出中にお肌がかさかさするようなことはなくなりましたね。

 

 
セラミドはもともと肌にある成分なので、たっぷり使っても安心ですし、うるおいを肌に閉じ込める効果が高いので、冬のような乾燥しやすい季節には重宝します。

 

 
セラミド以外に、ヒアルロン酸やビタミンCなども入っていると、アンチエイジングに効果が高いので、化粧水を選ぶときはこれからも十分に時間をかけたいと思っています。

セラミド入りの米肌は効果的?肌の乾燥に有効な成分とは

お肌の乾燥が気になり、セラミド入りの米肌化粧水が有効的という話を聞いて使用してみました。

 

協力な保水機能と、バリア機能を備えているセラミドは、加齢と共に減少すると頭では分かっていましたが、顕著に感じるようになったからです。

 

もともと体内に存在している物質なので、化粧水を使用してもお肌に合わない成分ではない点がまず気に入りました。

 

天然セラミドが配合されているものを購入して使い始めました。

合成のものはリーズナブルでしたが、以前使用してあまり効果を実感できず、少し奮発して天然のものを購入しました。

 

米肌を毎日使用し続けていると、お肌の内側から少しずつハリがでてくるのが分かりました。

以前はお風呂上がりにすぐに化粧水を塗らないと、お肌がつっぱってしまっていたのですが、今ではつっぱり感が薄れ、お肌がやわらかくなってきました。

 

保湿効果のおかげで、乾燥による小じわも少し気にならなくなってきました。

 

なみだ袋付近は、ファンデーションを塗ると小じわが目立っていたのですが、気にならなくなりました。

 

目元の印象が変わっただけで、見た目年齢が下がったように思います。

お肌本来のはたらきを促すことができるセラミド入りの化粧水は、お肌にもやさしく、これからも使い続けていきたいと思います。

 

朝と夜の二回のスキンケア、週に一度のスペシャルケアでパックをしていますが、同じケアをしていても、セラミドが入っていなかったものを使用していた時期と比べるとお肌トラブルが減ってきました。

 

特に冬場はお肌が乾燥しやすくなるので、セラミド入りの化粧水を小さなスプレーボトルに入れて持ち歩いています。

 

外出先で乾燥が気になった時に御手洗いで顔全体にスプレーし、クリームを塗って水分を補っています。

 

米肌化粧水のみだとかえってお肌の水分が蒸発してしまうので、クリームをぬって蓋をしてあげることが大切だということが分かりました。

 

敏感な人にも使用できるセラミドの化粧水、友人にも勧めています。

30代の米肌スキンケアの重要性!もう若くないんですよ!!!

35歳を過ぎたころから顔の肌トラブルが気になってきました。

 

シワができてシミが増え、年齢よりも老けて見えるのではないかと思って、お化粧なしではゴミ出しすら出るのが嫌になりました。


元々私は生まれつき肌が白く、普通の人よりも弱い気がしていました。

 

肌をかくとすぐに内出血したり、日焼けをすると真っ赤になって水ぶくれになることもありました。

 

ですから、大人になってからは日焼けには人一倍気を遣っていました

 

また、すぐに乾燥してしまうこともあり保湿力の高い基礎化粧品は欠かせません。
女性は35歳くらいから女性ホルモンが低下することによって肌のトラブルが増えてくることも知りました。

 

女性ホルモンは血流を安定させ、肌への栄養補給、新陳代謝を担う大切なものということです。

 

それが減少することで、肌のターンオーバーを乱し、メラニンが皮膚に残ってシミになったり、肌の乾燥を加速させてシワになったりと肌トラブルが多くなるとのことでした。

 

少しでも肌の老化を遅らせたいと思い、豆腐や納豆を食べるように心がけています。

そして、女性ホルモンと同じ働きをする栄養素が含まれたサプリも取り入れてみています。

 

あとは化粧品関係は米肌で揃えています。

 

ライスパワーがいいと聞いたので!

 

40代に入ると更に老化が進むのが早くなるということなので、今から予防しておくことは大切だと思うからです。

 

仕事柄パソコンを使うことが多く、眼精疲労も気になっていました。

 

眼精疲労は顔の血流を悪くして老け顔になるとも聞いたので、たまに自分でマッサージをしています。

 

マッサージをするととても痛いと感じる部分があり、その部分に老廃物が溜まっているということなので、その老廃物を溜めないようにしています。
基礎化粧品は、乾燥肌用のものを選んでいます。

 

米肌は保湿力が高く肌の潤いを高めます

 

肌の水分量が増えると肌バリアができて外部刺激からの攻撃を受けにくくします。

 

私は肌が弱いのでこれからも人以上に気を配ってケアしていきたいと思います。

 

そして、少しでも若々しくいたいと思っています。