アーカイブ | 1月 2017

米肌の成分が作り出す効果と利用者の口コミについて考察してみた

米肌の効果は、高い浸透力を有する潤い成分による働きが顕著となっているため、従来の方法よりも効率的にスキンケアを行うことができます。

 

 

潤いを与えるためにクリームなどを塗る場合には、水分が一時的に補給されるようでは困ったことになります。

 

米肌の機能は皮膚の潤いを作るセラミドの働きを助けますから、しっかりと使い続けることによって、乾燥肌の悩みにも対処できるようになるわけです。

 

 

 

米肌の効果を引き出しているのは、清酒酵母の力を最大限に活かして作る日本酒醸造の技術です。

 

 

 

日本では古来より受け継がれてきた発酵の技術をスキンケアの分野で応用することで、潤い物質を安心できる形で供給することを実現しました。

 

 

原料の白米は全てが国産の品質であり、90日間にわたって発酵熟成しています。

 

 

酵母の働きで保湿を高めるための性質が生まれ、米肌の重要な保湿成分に生まれ変わるわけですが、一切の妥協も許されない製造工程の中で作られた逸品となります。

 

 

セラミドは加齢とともに減少する性質があるため、米肌を日常的に使うことは理にかなっています。

 

 

乾燥肌を意識する前からも利用することで、潤いが完全に枯渇してしまうことがなくなります。

 

 

冬場の乾燥する時期だけでなく、夏場の室内環境にも適応させる形で利用すれば、四季を通じて潤いのある素肌を保てるようになるわけです。

 

 

米肌は季節を問わずに利用できるために、スキンケアのために多くの製品を取り寄せる必要がないのも利点です。

 

 

 

米肌の口コミは全国から多く寄せられていますが、多くは潤いのある素肌を維持できたという話です。

 

 

赤ちゃんのような素肌になったという口コミは、セラミドを活性化させる効果が出ていることを意味しています。

 

 

他に余計な化粧品を使うことがなくても、米肌だけのスキンケアでも乾燥肌に対処できるという口コミも寄せられています。

 

 

このような口コミには利用者の素直な使用感が表現されているのは、自然由来の成分がよく浸透している証拠でもあります。

口コミで話題の米肌で保湿は充分なのか!?効果はある?

乾燥肌は肌の新陳代謝を悪くし、さまざまな肌トラブルを招くといわれています。

 

 

美肌をキープするためにスキンケアで大切なのは保湿です。

 

肌にはコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった保湿成分が存在しますが、加齢とともに徐々に減少していきます。

 

 

特にセラミドは、水分をため込む機能があるため、肌にとって大切な成分です。

 

 

 

肌が潤う効果がある、と口コミでも評判のスキンケア商品が米肌です。

 

 

 

米肌の特徴は、お米由来のライスパワーNO.11を配合している商品であるというところです。

 

 

 

このライスパワーNO.11は、水分を保持する機能を改善する、

医薬部外品の効能として認められた唯一の成分で、

加齢とともに減っていくセラミドを生み出す力を持っています。

 

 

 

その効果により、セラミドが水分を抱え込むことができ、潤いのある、きめ細かい肌になるのです。

 

 

また、肌は一定のサイクルで生まれ変わっていますが、新陳代謝が悪くなった肌を整え、健康な肌に導く効果もライスパワーNO.11は持っています。

 

 

 

また、ライスパワーNO.11には、加齢とともに減少していく肌のハリや弾力を回復するパワーがあり、それにより肌のキメや小じわ目立たなくさせる効果が期待できます。

 

 

 

エイジングケア商品としても人気があるのです。

 

 

 

その他、米肌にはライスパワーNO.11以外にも、保湿や保護効果に優れた大豆発酵エキス、肌の天然保湿因子を補いながら保湿のサポートを行うビフィズス菌発酵エキスといった発酵エキスを配合しています。

 

 

 

そして潤いをサポートする美容成分として、潤いだけでなく毛穴を引き締める効果のあるグリコシルトレハロース、

保湿とともに肌を引き締める作用のある乳酸Na、乾燥を防ぎ肌のバリア機能を高めてくれるグリセリンの3つを配合しているのも特徴です。

 

 

 

これらの成分により、米肌は潤いやツヤ、ハリ、弾力、毛穴レス、透明感のある理想の肌を目指すことができるスキンケア商品なのです。

乾燥肌に使用したのは米肌とブースター!?効果は?

私がセラミド配合の化粧水で保湿ケアを始めたのは30歳を過ぎた頃からです。

 

 

急激に肌の乾燥が激しくなり今までのスキンケアでは太刀打ちできなくなってしまったのがきっかけです。

 

肌の乾燥に伴いたるみやしわやキメの粗さや毛穴の開きも目立つようになりメイクののりも最悪でした。

 

 

しかし、セラミド配合の米肌で丁寧な保湿ケアをするようになってからはそれが見事に改善されました。

 

 

保湿力をアップさせるための工夫もスキンケアに取り入れました。

 

 

 

角質のバリア機能の低下が肌の乾燥の原因となるので、角質を健やかになめらかに保つために

 

ピーリングやパックやふき取り化粧水を使用して古い角質や角栓や酸化した

 

皮脂や毛穴の汚れを一掃させるということを心がけました。

 

 

 

セラミド配合の米肌をつけるまえにブースターも取り入れました。

 

 

私が使用しているのはオイルタイプのブースターです。

 

 

マッサージをするようになじませて肌を柔らかくします。

 

 

このような工夫をスキンケアに取り入れることで保湿効果が格段にアップするということが実感できました。

 

 

そのおかげでセラミド配合の化粧水の浸透力がアップして角質の奥の方までうるおいが行き渡るような感覚を実感しています。

 

 

ごわつきやざらつきがありインナードライ気味だった私の肌にうるおいとハリが生まれました。

 

とても嬉しかったです。

 

 

セラミド配合の米肌をつける際も効率性をアップさせるためにシートマスクを使用したりハンドプレスでしっかりと二度づけしたりして角質の奥の方に確実に効果的に行き渡らせるように意識しながらうるおいをチャージしました。

 

 

目元や口元などの乾燥が激しい箇所にはとくに念入りになじませます。

 

 

セラミド配合の化粧水をたっぷりとなじませた後は美容液をプラスして最後は油分を含んだクリームでしっかりと蓋をして仕上げます。

 

 

やはり、年齢を重ねた肌にはそれなりの保湿ケアが必要だなと感じました。

 

 

今では乾燥やたるみやしわなどがほとんど気にならなくなり、ごわつきやざらつきやキメの粗さや毛穴の開きなども改善されてメイクののりも絶好調です。

米肌でアレルギーは出る?パッチテストの重要性!

米肌の化粧品は、乾燥しやすい年齢肌にたっぷりのうるおいを与えられる化粧品として知られているので、かさつきやすい肌をケアしたい方は試してみると良いでしょう。

 

 
100%国産白米を90日間発酵・熟成して丁寧に抽出された、ライスパワー№11という自活保湿を可能にする成分を配合しているので、肌が自らうるおう力を改善できるといわれています。

 

 
化粧品に配合されている成分だけに頼るのではなく、自分自身でうるおいを生み出すことが出来れば、これほど良いことはありません。

 

 
年齢が高くなるにつれ、お肌が乾燥しやすくなり、バリア機能を維持できなくなるので、しみやシワ、たるみなどの老化現象が発生しやすくなります

 
米肌の化粧品を使って、常にお肌にみずみずしさを与えられれば、若さをキープできるので、購入するようにしましょう。

 

 

 

米アレルギーを持つ人がライスパワーを使った化粧品を使っても平気なのかが、気になる方もあるでしょうね。

 

 
美肌になりたくて使用したのに、湿疹や吹き出物が出来たりすると、お金を損することになりますが、米アレルギーの原因であるタンパク質のグロブリンは、米肌の化粧品には一切入っていないため、特に気にする必要はないでしょう。

 

 
ただし米アレルギーの人が米肌の化粧品を使っても、ライスパワーの成分が問題になることはないですが、アレルギー体質の人は、他のどの成分が刺激になるかはわかりません。

 

 
タンパク質以外の成分により、アレルギー症状が出る可能性もありますから、安全のことを考えるなら、使用前にパッチテストを行うことが大切です。

 
パッチテスト後に、皮膚が痒くなったり、炎症を起こすようなことがなければ、安心して使うことが出来るので、米肌の化粧品が肌に合うことを確かめてから、利用するようにしてください。

 

 
米肌の化粧品を体験したいときは、1,500円で購入できる、14日間トライアルセットから始めると良いので、公式サイトから注文するようにしましょう。

30代に入ってから使用をはじめたセラミド入りの米肌の効果は?

10代や20代の頃は脂性肌による、皮膚のべたつきに悩まされていました。

 

 
乾燥肌に悩まされていた友人の話を聞いても、べたべたする肌をしているよりは、かさついている方がさっぱりした感じで、そっちの方が良いのではないかと思っていたぐらいです。

 

 
乾燥肌は他人事のように感じていた私ですが、30代になったら急にお肌がかさつくようになりました。

 


寒い冬の季節は特にかさかさして、痛みのようなものまで感じましたが、おでこや鼻などのTゾーン付近はべたつくので、余計に不快でたまりませんでした。

 

 
インターネットで調べたところ、Tゾーンがべたつき、Uゾーン付近や目元が乾燥する人は混合肌で、うるおいが足りないのはセラミド不足が原因だとわかったので、保湿化粧水を使って補充することにしました。

 

 
これまで使っていた化粧水にはセラミドが入っていなかったので、米肌を使ってみることにしました。

 


その化粧水は20代の頃に愛用していたものよりも、保湿成分の量が多いせいか、とろみのある感触で、軽く塗っただけで、皮膚の奥まで浸透していきました。

 

 
それほど多くの量は使っていないはずなのに、塗った瞬間にうるおいが染みわたり、もちもちとするような肌になれました。

 

 
Tゾーンのべたべたは皮脂が過剰に分泌されているせいなので、化粧水を塗っただけでしたが、Uゾーンや目元はかさつきやすいので、上から乳液を塗って、ふたをすることにしました。

 

 
空気が乾燥しているときは、さらにセラミド配合の美容クリームを塗って保湿すると、外出中にお肌がかさかさするようなことはなくなりましたね。

 

 
セラミドはもともと肌にある成分なので、たっぷり使っても安心ですし、うるおいを肌に閉じ込める効果が高いので、冬のような乾燥しやすい季節には重宝します。

 

 
セラミド以外に、ヒアルロン酸やビタミンCなども入っていると、アンチエイジングに効果が高いので、化粧水を選ぶときはこれからも十分に時間をかけたいと思っています。