アーカイブ | 2月 2017

ニキビのできやすい体質には米肌が必要?保湿は大切?

元々ニキビが出来やすい体質で常に肌が荒れ気味の状態でした。

 

 
20代を過ぎると思春期ニキビではなく今度は生理前に酷くなる大人ニキビに悩まされるようになり、洗顔や化粧水、ファンデーションに至るまでニキビ対策用のものを使っていました。

 


何となく効果があるかなと感じることもありましたが、劇的に変化はなく相変わらず生理前は肌トラブルを抱えていました。

 
それからさらに歳を重ね、今は30代になり出産も経験しました。

 
やはりニキビが出来やすい体質は変わらずですが、他にも加齢によるシワやシミも出来始め肌への悩みは増えました。

 
オイリー肌だったため化粧品はニキビ対策用であることはもちろん、さっぱりタイプを積極的に使っていたのですが、出産後から部分的に乾燥するところもありオイリー肌寄りの混合肌になってしまいました。

 
そのため化粧品選びはとても大変で、ニキビもケアしたいしエイジングケアも必要、乾燥にも対応しなければなりません。

 
化粧品だけでは無理だなと思いネットで色々と調べると、外側からだけでなく内側からもケアすることが大切だということが分かりました。

 
最近ではシミやシワ、ニキビなどの肌トラブルのための美容サプリメントが数多くあるようで、これを取り入れることで改善出来るかもしれないと試してみたいと思ったサプリメントを選び飲んでみることにしました。

 
化粧品は保湿を重視したものにしてバランス良く肌ケアに取り組みました。


他にも野菜を多く食べてビタミンCを摂取したり、不規則な生活が肌に良くないということでなるべく生活習慣を整えるように努力しました。

 
そうやって外側と内側の両方から肌にとって良い習慣をつけるようにしたところ、少しずつ効果を実感することが出来ました。

 
肌に潤いが出て来て、毛穴が小さくなったからかハリが出てたるんでいた部分が引き締まって来ました。

 
また生理前のニキビも出来る数が少なくなって来て治りも早くなりました。

 
時間は掛かりますが、じっくりと取り組むことで肌トラブルは解消出来るということを身をもって知れて良かったです。