30代に入ってから使用をはじめたセラミド入りの米肌の効果は?

10代や20代の頃は脂性肌による、皮膚のべたつきに悩まされていました。

 

 
乾燥肌に悩まされていた友人の話を聞いても、べたべたする肌をしているよりは、かさついている方がさっぱりした感じで、そっちの方が良いのではないかと思っていたぐらいです。

 

 
乾燥肌は他人事のように感じていた私ですが、30代になったら急にお肌がかさつくようになりました。

 


寒い冬の季節は特にかさかさして、痛みのようなものまで感じましたが、おでこや鼻などのTゾーン付近はべたつくので、余計に不快でたまりませんでした。

 

 
インターネットで調べたところ、Tゾーンがべたつき、Uゾーン付近や目元が乾燥する人は混合肌で、うるおいが足りないのはセラミド不足が原因だとわかったので、保湿化粧水を使って補充することにしました。

 

 
これまで使っていた化粧水にはセラミドが入っていなかったので、米肌を使ってみることにしました。

 


その化粧水は20代の頃に愛用していたものよりも、保湿成分の量が多いせいか、とろみのある感触で、軽く塗っただけで、皮膚の奥まで浸透していきました。

 

 
それほど多くの量は使っていないはずなのに、塗った瞬間にうるおいが染みわたり、もちもちとするような肌になれました。

 

 
Tゾーンのべたべたは皮脂が過剰に分泌されているせいなので、化粧水を塗っただけでしたが、Uゾーンや目元はかさつきやすいので、上から乳液を塗って、ふたをすることにしました。

 

 
空気が乾燥しているときは、さらにセラミド配合の美容クリームを塗って保湿すると、外出中にお肌がかさかさするようなことはなくなりましたね。

 

 
セラミドはもともと肌にある成分なので、たっぷり使っても安心ですし、うるおいを肌に閉じ込める効果が高いので、冬のような乾燥しやすい季節には重宝します。

 

 
セラミド以外に、ヒアルロン酸やビタミンCなども入っていると、アンチエイジングに効果が高いので、化粧水を選ぶときはこれからも十分に時間をかけたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA