乾燥肌に使用したのは米肌とブースター!?効果は?

私がセラミド配合の化粧水で保湿ケアを始めたのは30歳を過ぎた頃からです。

 

 

急激に肌の乾燥が激しくなり今までのスキンケアでは太刀打ちできなくなってしまったのがきっかけです。

 

肌の乾燥に伴いたるみやしわやキメの粗さや毛穴の開きも目立つようになりメイクののりも最悪でした。

 

 

しかし、セラミド配合の米肌で丁寧な保湿ケアをするようになってからはそれが見事に改善されました。

 

 

保湿力をアップさせるための工夫もスキンケアに取り入れました。

 

 

 

角質のバリア機能の低下が肌の乾燥の原因となるので、角質を健やかになめらかに保つために

 

ピーリングやパックやふき取り化粧水を使用して古い角質や角栓や酸化した

 

皮脂や毛穴の汚れを一掃させるということを心がけました。

 

 

 

セラミド配合の米肌をつけるまえにブースターも取り入れました。

 

 

私が使用しているのはオイルタイプのブースターです。

 

 

マッサージをするようになじませて肌を柔らかくします。

 

 

このような工夫をスキンケアに取り入れることで保湿効果が格段にアップするということが実感できました。

 

 

そのおかげでセラミド配合の化粧水の浸透力がアップして角質の奥の方までうるおいが行き渡るような感覚を実感しています。

 

 

ごわつきやざらつきがありインナードライ気味だった私の肌にうるおいとハリが生まれました。

 

とても嬉しかったです。

 

 

セラミド配合の米肌をつける際も効率性をアップさせるためにシートマスクを使用したりハンドプレスでしっかりと二度づけしたりして角質の奥の方に確実に効果的に行き渡らせるように意識しながらうるおいをチャージしました。

 

 

目元や口元などの乾燥が激しい箇所にはとくに念入りになじませます。

 

 

セラミド配合の化粧水をたっぷりとなじませた後は美容液をプラスして最後は油分を含んだクリームでしっかりと蓋をして仕上げます。

 

 

やはり、年齢を重ねた肌にはそれなりの保湿ケアが必要だなと感じました。

 

 

今では乾燥やたるみやしわなどがほとんど気にならなくなり、ごわつきやざらつきやキメの粗さや毛穴の開きなども改善されてメイクののりも絶好調です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA